欲しいの POINT(ベーシックチノ・ウエストポイント)/beige WEST CHINO CABOURN(ナイジェル・ケーボン)/BASIC NIGEL-ズボン・パンツ








<Nigel Cabourn>「ナイジェル・ケーボン」
<Nigel Cabourn>「ナイジェル・ケーボン」はイギリスのブランド。ナイジェル・ケーボンが学生時代に始めた「クリケット(CRICKET)」というブランドが前身。ナイジェル・ケーボンは1967年から71年までイギリスのノーザンブリア大学に通い、71年に初の自身のブランドとなる「クリケット(CRICKET)」をスタートする。そのクリケットで優れたアウターウェアを発表。その後、自身の名を冠した「ナイジェル・ケーボン(NIGEL CABOURN)」を立ち上げる。ナイジェル・ケーボンは40年以上デザイナーとして活躍してきた。その彼が生み出すコレクションは、一般的なファッションブランドと異なり、トレンドに左右されない、ヴィンテージクロージングや生地、デザインディテールといった要素からインスピレーションを受けて作られている。インスピレーションとなるヴィンテージウェアは、世界中から自身で収集したもの。ミリタリーウェアやワークウェアなど、レアなアイテムを多く所有していることでも知られている。それらのヴィンテージウェアが持つ機能性や美意識が、ナイジェル ケーボンのコレクションに反映されている。

★<Nigel Cabourn>「ナイジェル・ケーボン」の<BASIC CHINO WEST POINT>(ベーシックチノ・ウエストポイント)。チノパンはとても有名で身近なパンツだけに、たくさんの製品が世の中には溢れています。ベージュ色をしてコットン製のものはすべてチノパンと呼んでいるような傾向すらあります。その中でも、ウエポンと呼ぶ特殊なカテゴリーがあります。武器の意味ではなく、ウエストポイント陸軍士官学校を指します。ウエストポイントとは地名。学校の創立以前は要塞が立っていた土地であり、周りには学校以外にほとんどなにもありません。一口に兵士と言っても二等兵から士官までの階級があります。同校は極めて厳しい英才教育によって米軍の指揮官たる士官を育成する事を目的としています。厳格な規範のもと、革靴は顔が映るほど磨く程磨く事を要求され、チノパンは高品質な製品にセンタープレスが入れられます。カジュアルで安価な普通のチノパンとは一線を画していたわけです。一般的には単糸より双糸の方が丈夫で高価であり、その双糸の中でも一定の番手を使って織り上げたチノクロスのことを「ウエポン」と呼ぶようになった由来です。本製品もまた双糸を使用しています。そして材料は繊維長の長い超長綿です。超長綿を使用する事により、繊維の繋ぎ目が少なく、すなわち毛羽の少なく高密度の糸に撚糸する事ができます。その糸をさらに高密度に打ち込んで製織します。

NIGEL CABOURN
BASIC CHINO WEST POINT
SIZE CHART
SIZE胸囲(cm)ウエスト(cm)股下(cm)ワタリ(cm)裾幅(cm)
307631773024
328032803225
348433833426

ウエスト=腰回りの周囲
股下=股下縫目から内側の縫目(シーム)に沿って、裾先までの長さ
ワタリ=股下縫目から外側の縫目(シーム)までの直線の長さ
裾幅=前身の裾の幅

 

●カラー:beige
●素材:cotton 100%
●made in Japan



⇒その他のNIGEL CABOURN製品をCLICK!!

⇒その他のBOTTOMSはをCLICK!!

「あす楽対応について」必ずご確認ください!