24bit A/D, D/A変換、ON/OFF可能なキャビシミュも搭載。

モデリングもモダンからヴィンテージ、トランジスタまで揃えた使いやすいオールインワン。

キャビシミュをOFFにしてドライブペダルやリターン端子に接続してのプリアンプ、

キャビシミュを搭載してそのままレコーディングなど、迷ったらこれ的なマルチっぷりです。

センド・リターン端子を搭載するのがこの手の小型アンプシミュレーターの中では特徴的なスペックです。

空間系のインサートは勿論ですが、その気になれば、他のプリアンプシミュレーターとも組み合わせることが出来てしまう変態ユースにも対応。

これほど高性能でこの価格のオールインワン。

チューブ具合が絶妙なアンプ類が整列してます。

Binary シリーズは、XTOMPと同様にHOTONE独自のモデリングテクノロジー「CDCM」を採用し、各機種がそれぞれのエフェクトカテゴリーをより深く使用できるように設計され、プリセットの保存やリコールをフルに活用することができます。

Binary AMPは、個性豊かなクラシック、モダン、ブティックの16機種に及ぶチューブアンプ(一機種のみソリッドステート)をCDCMモデリングテクノロジーで再現しました。プリアンプとしてアンプのリターンに接続するか、ドライビングプリアンプとしてアンプの入力に接続しても使用できます。

また、各アンプのシミュレーションには、それぞれのオリジナルキャビネットのモデリング(CDCM)も含まれており、本機AMPからオーディオインターフェースやミキサーへ接続して、直接レコーディングやラインでのプレイも可能です。

XTOMPのテクノロジーを採用したファミリーモデル
デュアルDSPプラットフォームが導く高いサウンドクォリティー
110dB S/N比を実現した24-bit A/D/A変換
伝説のアンプを再現した16種のCDCMエミュレーション(on/off可能なキャビネットモデリング)
エフェクトループ
ファームウェアのアップデート、アルゴリズムのロード&マネージメントが可能なFree PC/Mac ソフトウェア等が可能なUSBポートを装備しました。
10 プリセット(2 presets x 5 banks)



Binaryシリーズは全て機種にUSB端子を備えています。付属のUSBケーブルを使用してコンピューターと接続し、プリセット管理やパラメーター設定がPC (or Mac)上で行えます。エディター・ソフトウェアは、スクリーンショットのように非常にシンプルで、直感的に操作して頂けます。

PC上で操作したプリセットはコンピューターに保存できます。それらのプリセットを本体へインポート/エクスポートも可能です。さらに、プリセットのエフェクト(モデル)の説明も表示されますので、エミュレーションのベースになった機種名、各コントロールの詳細が確認できます。!